« 来年から教育追加プログラム | トップページ | 経営ロジックマンダラメモについて② »

経営ロジックマンダラメモについて①

今会社で経営ロジックとしているマンダラメモのルーツを改めて調べてみました。

Dscf1197

マンダラとは、何か?

マンダラは、元々インドのサンスクリット語で「Manda」という本質を意味する言葉に「得る」という意味の接尾語が着いた仏教の儀式などに使用される図絵のことである。したがってマンダラは、本質や真理に至るための図ということに解される。チベット仏教(ラマ教)の宗教儀式などの際、僧侶たちによって、何ヶ月も掛けて制作される「砂マンダラ」の荘厳な美しさは圧巻である。しかし、単なる装飾的な図絵でなく、仏教の宇宙観を感得するための助けとなるイメージの増幅器のようなものである。この魔法の絵とも呼ばれる東洋の「マンダラ」にヨーロッパの心理学者ユングが注目しました。その理由は、臨床の現場で、患者が治療の過程で描く、マンダラ的な絵に何度も遭遇したことに始まる。そこからユングは、患者たちの見る夢の内容にも着目した。するとマンダラを象徴するような夢が多いことに気がついたのである。心理学者ユングは、人間の心の奥に得体の知れない何かが存在することを直観した。 ユングはそこで、チベットの高僧に、接見してマンダラの話を聞いた。すると彼はこのようにマンダラを説明した。 「マンダラとは・・・精神の像・・・であって、・・・ラマ僧のみが想像の力によってこれを形成することができる。マンダラは一つとして同じものはなく、個々人によって異なる。また僧院や寺院に掲げられているようなマンダラは大した意味を持たない。なぜならそれらは外的な表現にすぎないからだ。真のマンダラは常に内的な像である。東洋で生まれた仏教の発展の中で、マンダラ図が、制作された理由は、おそらく先のラマ教の高僧が言った如く、人間の心が、潜在的かつ能動的(自力的)に「心の平衡」を保持しようというする機能があり、それがマンダラを描くか(あるいはイメージ)することによって増幅される可能性があるのではないかと思う。つまり精神が何らかの均衡を失っていた患者にとって、マンダラのような図を描く行為は、その心が癒されてゆく過程そのものと成り得るのである。 我々の母なる地球は、太陽という恒星(星)を中心にした太陽系(これもひとつのマンダラを形成しているが)に属している。かつて我々の祖先達は、太陽を含む天空のすべての星が地球を回っていると考えていた。ところが我々の地球こそが、太陽の周りを巡っていることを知った。さらに、我々の太陽系は、我々の銀河の中心に位置しているのではなくいわば辺境に存在していることを知らされた。またさらに、銀河もまたさらに巨大な島のような銀河団の中の一員に過ぎないというのである。

 

 

|

« 来年から教育追加プログラム | トップページ | 経営ロジックマンダラメモについて② »

理念・考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経営ロジックマンダラメモについて①:

« 来年から教育追加プログラム | トップページ | 経営ロジックマンダラメモについて② »