« シンガポールのスーパーから見えた国柄と日系企業のすごさ | トップページ | 師メンタ井上和弘先生について »

短パン社長

現在 アパレル業界は、100年に一度といわれる不況であるということですが、その中でも成長している会社があるものなんですね。しかし、そこの会社の営業戦略は、服飾関係の方法と全然違っていました。

http://furamuclip.com/  さんが、その会社にあたります。株式会社ピーアイです。

そこの会社が、奥ノ谷 圭祐さんが、代表取締役社長で、一年中短パンで過ごされていることから、短パン社長と呼ばれています。その社長の講演会に参加しました。テーマ自分ブランディングで勝ち取れも ということで話を聞きました。

Dscf3362 

Dscf3385

Dscf3393

Dscf3405 

Dscf3413 

Dscf3414 

Dscf3417_2

ポイントは、自分を売る事。自分をブランディングする。社員を商品とする。

そうすれば、お客様がファンになってくださる。

この会社の展示会は、服の展示会でなく、短パン社長のサイン会と定義して来客数をアップさせているとの事でした。考え方が非常にウエストンと同じ考え方で自分たちをどのようにブランドとして構築していくかという発想が同じと思える講演会でもありました。

|

« シンガポールのスーパーから見えた国柄と日系企業のすごさ | トップページ | 師メンタ井上和弘先生について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短パン社長:

« シンガポールのスーパーから見えた国柄と日系企業のすごさ | トップページ | 師メンタ井上和弘先生について »