« 本気系インターン生の面接 | トップページ | 家電品の進化とお米 »

障がい者雇用について

こんな社説が目につきました

__

障がい者雇用は、超氷河期どころでない

社説によると障がい者手帳の発行数からすると

身体障がい者が、約370万人 知的障がい者が、55万人精神障がい者が、325万人で合計750万人である。

そして、働いている障がい者は、38万人(対象調べ56人以上の企業)しかいないという。

現在法律では、従業員56人以上の企業は、1.8%以上障がい者の雇用義務があり、4月からは、50人以上の企業は、2%の法定雇用率に改正される。

現在において、達成している企業は、47%に過ぎない。

法定雇用率を達成していない企業は、一人につき5万円を徴収する障がい者雇用給付金制度があり、納付金をおさめている。お金で解決できると理解する企業も多いと明記してあります。

脳力開発的なものの見方をするとこの750万人とされる障がい者の数ですが、確定的要素として、身体障がい者の数字は、ご年配の寝たきりになられて障がい者申請の方も数字に入っています。今後も増加する傾向です。

精神障がい者の方も、手帳を持っていない方やうつなどで引きこもって見える方を含めるともっと多い数字になります。

現在社会保障の面からも、生活保護を受けて見える障がい者の方も見えます。

ウエストングループに位置する社会福祉法人 清穂会は、障がい者の方の就労訓練と雇用をする事業を営んでいます。

何の為に実施しているか

それは、一人の働き手にという思いと生活保護から、所得を得て納税する喜びのサポートを目的にしています。ウエストンの仕事を通して障がい者の雇用の場の創出もウエストンのミッションでもあります。いろいろな仕事がありますが、障がい者の方でも仕事ができる職場の創意工夫が必要になってきます。

簡単なことからでもいいので、真面目に取り組んでいきたいものです。

|

« 本気系インターン生の面接 | トップページ | 家電品の進化とお米 »

理念・考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 障がい者雇用について:

« 本気系インターン生の面接 | トップページ | 家電品の進化とお米 »