« 企業の気配り 非売品をゲット | トップページ | 環境整備の意味 »

会社にとって何が大切か?

私のメンタの一人の田中さんの声

http://www.youtube.com/watch?v=G2e2Lobfe-U&feature=youtu.be

You Tubeから、生の声を聴いてみてください。

会社経営にとって大切なもの

・経営理念

・貢献意欲

・ミッション(目的)

が大切と諭してくれます。

パナソニック(松下電器産業)の創業者で経営の神様と称された松下幸之助さんが、この三つのことを経営のコツとして話をされています。

昔も今も、経営に必要なことは、同じであるとメンタの田中さん言葉が意味しています。

社長の思いを、どのように早く周知させて協力を求めて、思いを同じにして、スピードを持って即実行。このスピードと行動が、会社力つまり、勝ち残る会社となくなってしまう会社になるのでしょう。

良いと思うことは、即実行する。ノーイングドゥーイングギャップ

知っている事とやっている事の違い。この違いの差が少ない会社が良い会社。

良いと思ったことは、必ず実行することを、私は、必ずやることをマニアックにストイックに実施しなければ、気がすまない。

幸せになりたいですか? と質問すれば、10人中10人がハイと答えます。

しかし、幸せになるから、良いことを本日只今から実行してくださいと言っても、

10人中1人か2人しか、すぐ行動しないのは、なぜでしょうか?

私は、意識してこの10分の一(1/10)になれるように行動します。考えるのは、後です。行動しながら考えます。

さぁ 行動しましょう。

|

« 企業の気配り 非売品をゲット | トップページ | 環境整備の意味 »

理念・考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会社にとって何が大切か?:

« 企業の気配り 非売品をゲット | トップページ | 環境整備の意味 »