« 社会福祉法人の運営 | トップページ | 縁のつながり »

工場見学の意味するもの

ウエストンでは、積極的にお客様の工場見学を受け入れています。

それはなぜか?

事業計画書にお客様から見て役立っているかどうかを価値基準として、会社はその基地として身なり、挨拶も、車両も社内も、そして商品、サービスもすべて見本と考えています。つまり、会社は、ショールームなのです。

ですから、ショウルームにお客様をお招きして、ウエストンを理解頂く事がとても大切なのです。

Dscn0404

お客様へショウルームでお客様へのプレゼンテーションなのです。

Dscn0399

2013031216260000

歓迎もお見送りもすべて商品のひとつなのです。

最近の社員の気づきは、日本でいちばんのおもてなしで有名な加賀屋さんをベンチマークして、ウエストン流のお客様への感謝をお伝えしているようです。

お見送りは、社員がお客様の姿が見えなくなるまで大きく手を振りお見送りさせて頂いています。

お客様への感謝が、明日のウエストンの糧となります。

|

« 社会福祉法人の運営 | トップページ | 縁のつながり »

理念・考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工場見学の意味するもの:

« 社会福祉法人の運営 | トップページ | 縁のつながり »