« 社員面談 | トップページ | テーマパーク(ディズニーランドを越えろ)② »

テーマパーク(ディズニーランドを越えろ)①

今から十数年前のこと私の経営のメンタから、同業他社との競争から抜け出しなさい。異次元で物を見てベンチマークする事を発想すると新たなイノベーションがおきますとの教えから考えてみました。

そして、入場料を6000円もの金額を払いしかも、入場するのに何時間も待ち、さらに入場してもアトラクションに入るのにさらに何時間も待ち、待たずに入場するのにFASTPASSでさらにお金を支払いそれでも毎日大変な人が列をなす会社テーマパークを越えるために考えられた商品が、おもてなし感動して頂くウエストンテーマパークでした。小さな事からいろいろと実施し、さらにベンチマークを重ねて商品となったのが、環境と福祉の視察ツアーです。

今日いろいろな会社及び団体の方々が、ご利用いただくようになって来ました。

先だってもある会社の創立53周年記念旅行でウエストン視察ツアーに来て頂きました。

Dscn1406 Dscn1413

Dscn1418 Dscn1421

環境のテーマパークでは、十数年前までは、使い捨てがありたまえであったウエス・手袋のアクアウォッシュによるリユースによるリサイクルを、汚い状態からきれいになって仕上げられていく工程を見学頂き、会社の一番の品質である社員の笑顔・笑声・動きなど見学頂きます。そして、社員が考えて実施しているほんのチョコットの改善や努力も見て頂いています。

Dscn1423 Dscn1426 

Dscn1441 Dscn1457 

福祉のテーマパークでは、障がい者雇用の現状と課題等について視察頂きさらに、障がい者でも立派に仕事に参加できると言う事を見て頂いています。

施設の理念でもある施しから、一人の働き手への、教育プログラムによる実践を見て頂いています。

いろいろな視察プログラムを何回か重ねて今日、環境と福祉のテーマパークとしてたくさんの視察ツアーを受け入れています。

ウエストングループは、十数年前テーマパークでもなんでもありませんでしたが、現業でも簡単に言えば、洗濯屋なのですが、メンタの一言で、もう一方の見方で環境と福祉のテーマパークとしてお客様を受け入れる様にもなりました。

まだまだ ディズニーランドのように、何時間もかけて列びそして、たくさんのお金をはらて来て頂くようなテーマパークには程遠いですが、しっかりとディズニーランドを越えるテーマパークになれるように頑張っていきたいと思います。

ウエストンパークへお出かけ頂き誠にありがとうございました。

|

« 社員面談 | トップページ | テーマパーク(ディズニーランドを越えろ)② »

理念・考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テーマパーク(ディズニーランドを越えろ)①:

« 社員面談 | トップページ | テーマパーク(ディズニーランドを越えろ)② »