« 脳科学から見えてくるもの | トップページ | :見学者からの贈り物 »

自己成長

私は、社長という立場であったり、理事長と言う立場であるので、人前で話をすることが多々あります。

Dscn5122

すると私の脳の働きは、思考系・発話系・感情系・理解系・聴覚系・視覚系・記憶系・運動系すべての脳番地が働いていないと話を聞いてくれている人たちが退屈したり、理解不足となります。

私の求められるスキルは、わかりやすく尚且つ、納得頂ける内容の話にしないと思いを伝える事が出来なくなります。トップに立つ立場の人は、思いを人に伝えるスキルが最優先課題として必要です。そして、言っている事と行動を等しくするかがトップの望まれるスキルだと最近つくづく感じます。

コミュニケーションの難しさは、独りよがりにならない。あくまでも相手に対して、通じたかを確認して行かなければならない事です。

自己成長は、脳を科学的に分析して自分の不得意な脳番地を鍛えて行けば良いのです。

今まで私は、結構意識的に脳番地を鍛えています。

|

« 脳科学から見えてくるもの | トップページ | :見学者からの贈り物 »

理念・考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己成長:

« 脳科学から見えてくるもの | トップページ | :見学者からの贈り物 »