« 野球の道具と経営の道具 | トップページ | 新入社員と内定者も輝く時 »

目に見えない社風文化

会社の評価は、貸借対照表バランスシートから目に見える部分で判断できます。
そして良い会社・悪い会社に分類されます。
しかし、会社の目に見えない社風文化がこれからとても大切な経営の要素になってきます。
なかなか会社の目に見えない良い所を発見することは難しいものです。
どんなに素晴らしい会社と言われる会社でも実は、何が素晴らしいのかわかっていません。
会社の良い所は、社員さんの何気ない無意識の行動の中から感じ取れるものなのです。
その例として・・・・
先だって来られたタニサケさんの社風文化を感じることができます。

Image_2

ウエストンからのアンケートのお願いに対して、もっとこうした方が良い。
こんな事をしたらより良く良いのでは?
この点が気になった?ここを改善された方が良い。
など色々な角度でご意見頂けました。
さすが日本一改善提案の会社です。
又、お礼のお言葉が書かれた手書きのハガキを頂きました。
しかも、切手はすべて記念切手なのです。(意識されているのでは・・・・)
この社員さんが行動されている事がタニサケさんの社風文化なのです。
反面教師、人の振り見て我がふり直せ!と言う言葉が、
ありますが、ウエストングループも見習いたいとても素晴らしい社風文化です。
目に見えない社風文化を磨くことが会社成長の原動力と思います。

|

« 野球の道具と経営の道具 | トップページ | 新入社員と内定者も輝く時 »

理念・考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目に見えない社風文化:

« 野球の道具と経営の道具 | トップページ | 新入社員と内定者も輝く時 »