« 自創経営の仲間の集い | トップページ | 社員の成長 »

自創経営の仲間の集いその2

ウエストンでも取り入れている自創経営

そのポイントが成長対話です。

ウエストンでは、成長対話の一つを脳力開発におけるみらいノートに頼っています。

更に バージョンアップするためにみらいノートをベースにFACE TO FACE

顔と顔を合わせて、互いに成長できる仕組みを考えていました。

今回参加されている会社からたくさんの気づきをいただきました。

Dscn9220

誰かに教えてもらい、誰かに教える仕組です。

今回の気づきの一番は、人を育てる事=仕事ということです。

教育ということは、仕事の中心という考え方が薄かったと思います。

実は、仕事のスキルアップの出来栄え(力量判定)は、

人に指導できるぐらい理解できているかが判定基準になるのです。

つまり、仕事のできる人は、人を教育=人に影響を与え、゛幸せに導くことができること゛ となります。

Dscn9227

積極的に教育=仕事の定義として実践されている会社に教えられることがありました。

やはり、つねに進歩発展させるためには、行動して動き、新しい人・会社の出会いの中で

自ら成長させる新しいことに挑戦していく ことの大切さを気づかせてもらえました。

今回参加されている仲間の共通点

精神的姿勢が、ストイックに実践しようとする思いが強いことです。

Dscn9278

なんと 夜の部としてさらなる勉強会です。

夜の部は、浴衣に着替えた状態でスタートなのです。

そして、会場を退席した後も、深夜まで各自の部屋でさらなる

勉強会が行われるぐらいのストイックな取組でした。

その中にいる私も、ストイックなのでしょうか?

|

« 自創経営の仲間の集い | トップページ | 社員の成長 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

臼井さん、今日のコラムはムズカシイぞ(^-^;

投稿: エコさん | 2014年11月28日 (金) 06時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自創経営の仲間の集いその2:

« 自創経営の仲間の集い | トップページ | 社員の成長 »