« 社員さんとスポーツバーベキュー | トップページ | 人を大切にする経営学会視察見学会 »

賞与シーズンに見る経営者と社員さん

12月に入り、賞与シーズン(ボーナス)です。

ウエストンでは、1日に支給・関係グループの清穂会でも今週末支給させて頂いています。

賞与から見る立場の違い

Cid_3fe8a2fa4dad4cce9a4e3550ce319b8

経営者の立場から見れば、

仮に あるAさんのボーナスの支給金額が100万円あったとします。

健康保険・介護保険・厚生年金・雇用保険などの社会保険は、おおよそ15万円程度かかります。

会社経営でいえば賞与ボーナスの人件費は、115万円計上となります。

社員さんの立場では、

社会保険等15万円個人が負担となり、さらに課税対象額今回のケースですと

15万円の社会保険金額を引いた課税対象金額85万円に所得税が16万円程度税負担となります。

つまりは、額面100万円の支給ですが、手取り金額としては、69万円となります。

社会保険・所得税など31万円程度を支払ったことになります。

社員さんの立場で言えば、利用できる金額は、69万円の価値となります。

社員さんの立場になると・・・・・考えさせられます。

まず 健康保険制度 ・・・ いつまでつづくのか? 

        介護保険や厚生年金など、自分たちが定年後はたして支給されるのか?

おそらく今の制度では、問題山積みと思います。

選挙が行われますが、本当に日本の将来のビジョンをしっかり描いて若者に夢を与えてくれる人に期待してしまいます。

納税をするのは、国への感謝・義務ですので良いのですが、しかし、しっかりとした利用使途でお願いしたい思いです。

本当に賞与からいろいろな問題に気づかされます。

来年は、手取り金額がアップできるように頑張りましょう。

|

« 社員さんとスポーツバーベキュー | トップページ | 人を大切にする経営学会視察見学会 »

理念・考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賞与シーズンに見る経営者と社員さん:

« 社員さんとスポーツバーベキュー | トップページ | 人を大切にする経営学会視察見学会 »