« キャストは、スーパー営業マン? | トップページ | 年賀準備(伊勢神宮でお祓い) »

創業者の顔

会社や施設が出来て5年10年20年と幾月幾年と過ぎて行くと歴史となって時が過ぎて行きます。

現在 理念であるとか組織の存在価値が、企業・法人が長く永くこの世から必要とされて継続していくため必要であるといわれています。

実際にその理念と存在価値を最初に伝えた人がどんな人なのか?

永く歴史を重ねていくとわからなくなっていくものです。

そのために歴史をつなぐ事が必要になってきます。

Cid_13d8ad443e71486d8ed200ceab70bde

(清穂会 設立者 臼井清三・ほなみ ご夫妻)

清穂会 名前の由来 設立者の名前から 清とほ(穂)から 清穂(すいと読ませて)会

施設の清穂会でも 法人の設立者の肖像画を掲示することで清穂会を利用してくれる方々にお伝えしています。

すると、すぐそこに存在を感じるとお話を賜ることがあります。

やはり ビジュアルに訴えるという事は、存在感を伝えるのにとても大切なことです。

|

« キャストは、スーパー営業マン? | トップページ | 年賀準備(伊勢神宮でお祓い) »

理念・考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 創業者の顔:

« キャストは、スーパー営業マン? | トップページ | 年賀準備(伊勢神宮でお祓い) »