« 人財育成 今年の誓い | トップページ | 仕事始めは、ハイタッチ・・・・ »

企業絆

2015ウエストンの挑戦は、企て(新しい事)に重点をおいた経営です。
会社の経営品質を3字であらわすと


企(くわだて)   新しいこと(新商品、新事業)


業(ぎょう)     上手にすすめる(改善活動)


絆(はん)        人間関係強化(きずなづくり)


会社の特徴がこの3文字で説明できます

企を代表する会社は、アップルです。

イノベーションで新商品で世の中にサプライズさせています。

業は、すべて外注生産であり、

絆も弱く思います。

しかし、企を代表する会社は世界で時価総額一番の会社です。

Image_4

日本を代表する会社も昔は、世界から称賛を受けていました。

有名な設立趣旨は、

人まねはしない

イノベーション

が前面に出ていました。

企が特徴の会社でしたが、数年前から 業が特徴となってしまいました。

シックスシグマを導入して 企から業が特徴の会社に代わってしまいました。

それ以来 世の中をあっと言わせる商品が出てきません。

Image_5

業で有名な会社(改善活動:乾いたタオルも絞るという言葉でも有名ですが・・・)も本当は、

企(くわだて)の特徴の会社なのです。最近では、水素を燃料とする電池自動車を販売させました。イノベーションで世の中をあっと驚かしました。

Image_6

つまり、よい業績の会社は、企(くわだて)の力が特徴なのです。

ですから、企業が継続して発展していくためには、企の力の配分をしっかりと意識して仕事ができる組織・集団にしなければならないのです。

どれだけ毎日の時間を企に集中させるかが企業の経営にとって大切になってくるのです。

 

|

« 人財育成 今年の誓い | トップページ | 仕事始めは、ハイタッチ・・・・ »

理念・考え方」カテゴリの記事

コメント

おっしゃる通りだと、「業」から離れた素浪人も同感です。二十年近く前に社内でも先進性の欠如が叫ばれておりました。
個の育成と共に、個の多様性と精神の自由闊達さを重んじられていると拝察いたします、ご成長を楽しみにしております。

投稿: エコさん | 2015年1月19日 (月) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企業絆:

« 人財育成 今年の誓い | トップページ | 仕事始めは、ハイタッチ・・・・ »