« 投資というビジネス | トップページ | 世界的ライバル企業 »

日本で大切にしたい会社大賞

今年で第5回となる日本でいちばん大切にしたい会社大賞の授賞式が法政大学でありました。
ウエストンも第二回において、中小企業庁長官賞を頂いていますが、年々ハードルが高くなって行っています。経営勉強仲間のたんぽぽ介護センター・ステラリンクさんを今回推薦させて頂きました。
そして、惜しくも大賞は、逃しましたが審査員特別賞を受賞する事になりました。
本当におめでとうございます。
Image

Image_2

Image_3

第5回目ということもあり、審査基準の全貌が明らかになって来ました。
最新作の坂本光司法政大学教授の本 「日本でいちばん大切にしたい会社」がわかる100の指標で
どうしたら大切にしたい会社になれるかがわかって来ました。

Image_4

Image_5
ウエストンで経営指標としていることと同じでありました。

大賞を取るためには、社員とその家族、仕入先とその家族、お客様の幸せ、株主満足、社会の幸福を満足させているのは、当たり前で尚且つ、継続的に収益をあげて財務内容も自己資本比率が80%以上というとんでもない内容の会社でないと大賞を受賞することができないのです。
しかし、建物や装置産業である業態は、自己資本比率を高めることは難しいビジネスですが取り組みの内容がすば抜けていたということで、私の応援しているタンポポ介護センターさんが審査員特別賞を受賞されたという事で喜びも大きいです。

Image_6

Image_7

受賞おめでとうございました。


|

« 投資というビジネス | トップページ | 世界的ライバル企業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます

投稿: | 2015年3月21日 (土) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本で大切にしたい会社大賞:

« 投資というビジネス | トップページ | 世界的ライバル企業 »