« 製造部やる気課 の 年中行事 | トップページ | 清流マラソン »

今期重点施策 見える化

今期の経営計画書で方針とした見える化
今年2月に2社 ベンチマークに行きました。そして、見える化のイメージを幹部全員に共有しました。
情報を共有する事は、後の指導にとても役立ちます。
イメージ(出来栄え)を共有する上で同じ目標となるものを現地現場でビジュアルとして視覚を通して見ていないと社長と幹部の出来栄えが違ってしまうのです。
出来栄えの方向が違っていた場合は、ベンチマークした会社との差異を示すと幹部に気づきが生まれます。
Image

Image_2

Image_3

今回からスタートとして発表の方法・表現の仕方など発表者も戸惑っていましたが、どんな効果を狙っているか?
・見える化させて説明させる事で伝達能力が向上する。
・実施ポイントをまとめ進捗チェックする事ができる。
・部門間での競争が生まれる。
・向上したいという心がめばえる   などなど
人は、やはり誰かに見られ、質問され、もまれる事で力を発揮するのです。
人が育たざる得ない環境が人を大きくさせます。
そのためには、全体で全員で成長を競い合う仕組みと見える化が一番です。

Image_4

Image_5

Image_6

何より他部門からの指摘や質問に対しては、よそ行きに恰好つけたくなるものです。
少し背伸びをして見せたくなるものです。
それが成長なのです。
どんどん部門間での幸せのお節介を叱咤激励しあってもらいたいと思います。
その環境作りと仕組み化と見える化、そして行動の情報公開が関係して成長の条件となります。

|

« 製造部やる気課 の 年中行事 | トップページ | 清流マラソン »

理念・考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今期重点施策 見える化:

« 製造部やる気課 の 年中行事 | トップページ | 清流マラソン »