« グループ会議 | トップページ | 労働力を考える »

企業の行く末

企業の行く方向は、3つあると言われています。
一つは、上場企業を目指す経営
二つ目は、企業価値を高めて高く売れる時に売る経営
三つ目は、長く永く企業存続のために経営を継続させる経営
と言われています。
ウエストンにおいては、永く継続させる経営300年経営を目指しています。

Image_3

M&A企業買収 企業をお金で買う株式譲渡という事を経験しました。
いろいろな経済環境の中でいろんなケースがあります。
特に、事業継承などが問題となり、事業を手放す会社も多いのです。
全国の中小企業の6割が、後継者問題を抱えていると言われています。
ウエストンにおいても、ご縁を頂き新たに新業態のビジネスがスタートします。
変化の激しい経済の中でウエスト二アンも変化に対応出来るスキルを身につける必要が出てきています。
ポイントは、重点主義です。そして、キーワードは、利他の心!
精神的心の確立が求められます。


|

« グループ会議 | トップページ | 労働力を考える »

理念・考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企業の行く末:

« グループ会議 | トップページ | 労働力を考える »