« 社長直行便 | トップページ | 会社の発展は、幹部次第 »

貿易考察

日本は、資源の無い国、食料自給率も低く共に輸入に頼っています。
日本の前後の復興に置いて、貿易における外貨の獲得で復興の道をたどって来ました。
固定レート1ドル=365円の時代 付加価値をつける事で日本は輸出によって経済活動を支えて復興しました。為替変動制になり、一時は、80円を切る超円高時代も続き輸入においてコスト削減に大きく貢献もしました。ウエストングループも今日では毎月20フィートのコンテナの量を輸入に頼っています。

Image

Image_2

仕事も変化!!!

Image_3

円安の近況、業績で原材料調達コストアップで収益マイナス影響です。
しかし、365円の固定レート時代と比べれば、まだ円高でまだましという事になります。
荷下ろしで頑張るキャストのFくん 輸入でのやるべき仕事 頑張り輝いています。


|

« 社長直行便 | トップページ | 会社の発展は、幹部次第 »

理念・考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貿易考察:

« 社長直行便 | トップページ | 会社の発展は、幹部次第 »