« 女子力 | トップページ | 日本一早い審査 その② »

日本一早い審査

環境ISO14001の更新審査と2015年度版への認証移行審査を実施しました。

環境マネジメントシステムと言いながら、環境パフォーマンスや経営コミットメントとは、遊離してしまっていた感がありましたが、今回2015年版に変更になった事でより、経営品質=環境ISOマネジメントシステムとなったと思います。

P1280379

P1280386

P1280398

今回審査をして頂いた審査会社は、日本環境認証機構さんJACOさんで審査受けました。JACOさん情報では、日本で一番最初に審査しますというお話を頂きました。

審査会社は、大小合わせて60社ぐらいあるようですが、審査依頼の多い会社では、日本品質保証機構さんや日本適合性認定協会さん日本自動車研究所認証センターさん高圧ガス協会さんなどなどありますが・・・・

2015年度版の審査できる会社は、日本環境認証機構さんがいち早く対応できている評価を受けておられることで審査をお願いしました。

目指すは、日本一早くを叶えてくれる審査会社なのです。

Dscn5653

ISO14001/2015年度版は、9月15日に規格化されたばかりで、

JIS化されるのは、11月20日頃の予定です。

まだJIS化されていない状態で2015年度版への認証移行です。

審査にあたって頂いた審査員の方に感謝です。

JACOさんでも責任者の審査部長さまのM様と審査部参事のT様が審査頂けました。

Dscn5655

Dscn5656

トップマネジメントインタビューに続いて、システム監査、現場監査など2日に渡って実施しています。

日本で一番早く、ひょっとすると世界で一番?

ISO14001の認証取得している企業は、世界で26万社、内日本が11%強で2万8千社が認証取得を受けているのですが・・・・

その中で日本で世界で一番早くを目指します。

なぜ日本一を目指すのか?

日本一高い山は?を質問すると100人中100人が、富士山(3776m)と答えが返ってきます。

二番目は、北岳(3193m)南アルプスですが、100人中一人あるかどうかですが・・・

だから日本一が、人の印象・心に残るのです。

ウエストン品質は極めるためには、一番を目指すことなのです。

しかし、早さだけでなく、マネジメントシステムの中味や実施したパフォーマンスも日本一世界一を目指しています。

ウエストニアンにとって、挑戦する2日となります。

|

« 女子力 | トップページ | 日本一早い審査 その② »

理念・考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本一早い審査:

« 女子力 | トップページ | 日本一早い審査 その② »