« 工場見学から見えてくる特性 | トップページ | ウエストン太陽光第二発電 稼働 »

現地現場で感じる必要あり!

自分の会社の商品を自ら利用して使って初めて商品価値が認識出来ます。

会社の社員さんは、本当に自分の会社の商品を理解することが大切です。

また 現在利用している現場で、見て・聞いて・感じることをしていれば、今どうなっているか確定的根拠でつかむことが出来ます。

社員に話してしますが、なかなか現場を探ることが難しいようです。

しかし、私からすれば現場を見ればいろいろな事を風景から感じ取ることが出来ます。

気づきのレベルと感性が大切です。

Dscn5784

Dscn5783

Dscn5784_2

Dscn5787

貸出状態・回転率・交換状況・利用方法・ルールの運用など

いろいろな事を感じる・気づく・仮説をすることで取引状態や満足度を計測できるのです。

つまりは、現場・現象で感じることがとても大切なのです。

タイ国でも、日本でも、東海エリアでも関東エリア・関西エリアすべてのエリア共通にいえる事つまり現場から語りかけてくるシーンですべて判断できるのです。

マーケットの真ん中で感じる事が大切なのです。

|

« 工場見学から見えてくる特性 | トップページ | ウエストン太陽光第二発電 稼働 »

理念・考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現地現場で感じる必要あり!:

« 工場見学から見えてくる特性 | トップページ | ウエストン太陽光第二発電 稼働 »